Tag Archives: 消費者金融 5年 時効

消費者金融での借り入れ、5年で時効になるって本当?

消費者金融などから借りているお金、そこに時効があるということは耳にしたことがあるかもしれません。
嘘のような話ですが、実際に時効はあります。
消費者金融、信販会社などの業者から個人が借り入れをしたとき、返済期日から5年が経過すると時効成立です。
この時効というのがなんなのかといえば、返済義務、そして債権者である消費者金融などが返済を求める権利が消滅するということです。
それでは借り入れをして5年間放置すれば借金はなくなるのでしょうか。
これはそう簡単にできることではありません。
消費者金融からの借り入れを5年放置したくらいでなくなるのであればいくつもの借り入れ先を作り限度額いっぱいまでを借り入れて踏み倒すという事例が横行するでしょう。
そんなことになってしまったのでは消費者金融は運営を続けていくことができません。
時効の中断があります。
訴えられたり、財産の差押えがあったり、さらには借金についての会話が債権者と債務者の間で行われたときには時効が中断となります。
中断された期間はカウントされていませんので期間が変わります。
時効を待つというのは簡単な方法ではありません。
借金を踏み倒そうとしている間はキャッシングはおろか分割ローンを利用することができません。
それが借金を踏み倒した後もまた続きます。
個人信用情報機関という個人の債務に関連する事柄を集約している機関に債務を踏み倒したその情報は記録されているからです。