Category Archives: 消費者金融

消費者金融

消費者金融を利用できる年齢について

銀行よりも審査に通りやすく、申し込みの際の手間もかからないので消費者金融を気軽に利用する方が増えてきているようです。消費者金融のテレビコマーシャルや広告を毎日のように目にする今、消費者金融は誰でも利用できるというイメージが定着してきました。しかし、借金をするということには当然責任が伴います。ですから、利用できる年齢にも制限があるのです。
消費者金融で借り入れをするためには、20歳から69歳の成人で安定した収入があることが求められます。つまり、基本的に未成年者は消費者金融を利用する事はできません。しかし、中には学生を対象にした学生ローンを専門に扱っている消費者金融もあるようです。学生ローンの場合は20歳以下でも利用可能ですが、一般的に保護者の同意が必要です。
未成年者が勝手に借金をして被害に遭うことを防ぐため、民法により、未成年者の借り入れの場合は保護者の同意が必要である事が定められています。そのため、未成年者が勝手に契約をした場合には保護者が一方的に契約の取り消しができるのです。こうした背景があるため、多くの消費者金融は20歳以上という年齢制限を設けていると思われます。
一方、70歳以上の高齢者はほとんどの場合すでに退職していて、年金を頼りに生活をしている事が考えられるため、消費者金融で融資を受ける事は不可能です。また、若年層より病気や怪我の確率が増えるため、貸し倒れになる確率も増えることになります。こうした理由から、消費者金融で借り入れられる年齢は69歳以下に制限されています。

キャッシングの返済を怠ると遅延損害金を請求されるってホントなの?!

お金に困った時には非常に便利なキャッシング!今や生活の一部として、身近に存在しているキャッシング。ちょっとお金が足りなくなった時には大活躍しています。
申し込みは、無人契約機やインターネットから可能になり、審査に通れば、最寄りのATMからいつでもどこでも現金の引き出しができます。返済もATMを使ってできるので、店舗に出向く必要は全くありません。
借入から返済まで、全て対人式の手続きをすることなく、できてしまうのです。返済さえしっかり行えば、これほど便利なサービスはありません。
しかし、この返済を怠ると大変なことになります。消費者金融はスピードが命。貸し出すのもスピーディ-であれば、返済もスムーズに行われなければなりません。従って、延滞は1日でも延滞として、カウントされます。延滞が発覚すれば、まずは督促の電話が、本人の携帯宛てに掛かってきます。それでも応対がない場合には、自宅や会社に電話が行くでしょう。その際には消費者金融が自ら自社の名前を出すことはありません。しかし、個人的な電話が、自宅や会社に掛かってくるのは、明らかに怪しいので、不審電話になることは間違いありません。
最悪の場合には、延滞の利子のほかに、遅延損害金も上乗せされて、一括返済を請求されることになります。ですので、消費者金融から、キャッシングをした場合には、返済計画通りに速やかに返済しましょう。また、もし収入に余裕ができたら、少しでも臨時返済をしておくことをお勧めします。そうすれば、余分な利子は支払わずに済みますから。

プロミスの気になる年利

ここでは、プロミスで適用される利息について見ていくことにしましょう。プロミスは低金利で借り入れが出来る、大人気のカードの会社です。その人気の秘密は、1ヶ月の間無利息で借り入れが出来る「無利息キャンペーン」が大きく影響しています。
プロミスで大口融資を受ける場合、最低6.3%という非常に低い金利が適用されるので、まとまったお金が必要な方も安心して利用出来るでしょう。また、大口融資だけでなく最初にご紹介した無利息キャンペーンを上手く活用すれば、金利の負担を最小限に抑えてカードローンを利用することが出来ます。
また、プロミスで最も利用されるフリーキャッシングと呼ばれる商品は、使い道自由に借り入れる事が出来ます。もちろん、旅行ローンのように目的がハッキリとしたものであれば、プロミスオリジナルのローン商品「目的ローン」が大変便利です。
プロミスでは、フリーキャッシングと自営業者向けのローン、そしておまとめローンにおいて、全て一律の金利が適用されています。ここでは6.3%から最大17.8%の実質年率で借り入れが可能です。
しかし、先ほどご紹介した目的ローンについては6.3%から最大16.5%の金利が適用されることとなります。このような低金利ローンも目的別に活用すれば、他社のローン商品よりもかなりお得に借り入れをすることが出来るでしょう。
これからカードローンを申し込もうと検討される方には、低金利のプロミスカードローンをオススメしたいと思います。