Category Archives: キャッシング

キャッシング

生活保護でもお金を借りる事はできる?

生活保護も一定のお金を受給していることから、金融機関などで借り入れができるのではないだろうか、と考えてしまいそうです。しかし、生活保護で支給されるお金はいわゆる収入とは違いますので、福祉事務所が認めたケース以外では一切借り入れはできないのです。生活保護の状態では収入は0ということになり、銀行や消費者金融などからお金を借りることはできません。
お金を借入した後には、もちろん返済しなければなりません。生活保護費からの返済は認められていませんので、受給中に借り入れをすると犯罪ということになってしまうのです。お金を借りた場合はその借り入れは収入であると認定されてしまい、同額の生活保護費を福祉事務所に返納しなければならないということになるのです。
お金を借りるような事態になった時には、まずは担当しているケースワーカーに相談しましょう。やむを得ない事態と判断されれば、社会福祉協議会などの生活保護受給者が対象となっている貸付制度を利用することができるかもしれません。
返済は保護費から分割で行い、いくらぐらいを返済額に充てるのかということはケースワーカーと相談して決定することになります。もちろん、何十万と借り入れできるわけではなく、どのような理由があっても数万円までの借り入れしかできません。
生活保護の状態では、借りても返せないと判断されることになるわけです。もしも生活保護の状態でも貸せますというような金融業者を見つけた場合は、絶対に申し込みをすることは止めておきましょう。

お金を借りる時の年齢制限

キャッシングの申込条件として年齢が20歳以上で65歳までの安定した収入のあるかたとなっており、この条件を満たしていれば消費者金融のキャッシングでも銀行カードローンでも申込ができます。
今すぐお金を借りたいときにも、基本的には安定した収入を得るためには働いているということが条件で、年齢制限についてはそれぞれのキャッシング会社で決められており20歳未満ということはどこも同じですが、現在は65歳以上でも現役で働いておられるかたもおられるので69歳までとなっているところがあります。
年齢が20歳からとなっているのは、未成年と契約する場合親の同意を得ることが必要で、仮に親の同意が得られなければ契約は無効になってしまいます。
こういったトラブルを回避するために年齢20歳以上に設定されています。
高齢者の場合65歳以上のかたで年金受給だけで生活をしておられるかたがおられますが、消費者金融では年金受給だけのかたでも申込ができるところと、年金以外に収入を得ていなければ申込ができないところに別れています。
年金収入だけで申込できるのは銀行カードローンの三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、新生銀行の「レイク」などは年金収入だけで申込ができますが、消費者金融で年金だけでお金を借りることはむつかしくなります。
できればどんなアルバイトでもよいので、籍を置いておけば勤めていることになりますし、収入がいくら少なくても年収にはアルバイト代と年金を合算してもよいので収入よりもむしろ勤めているということが重要になります。

大手消費者金融はキャッシングサービスが充実している

いくつもある大手消費者金融のメリットになりますが、その一つにキャッシングサービスの充実があります。
消費者金融は金利がどこで借り入れても変わりがありません。
上限金利が適用されると考えて消費者金融は利用をすることが妥当です。
そうなると比べるべきは金利ではないとすればサービスです。
消費者金融も他社との差別化にサービスに変化を持たせています。
基本的なサービスとしては消費者金融ではインターネットを使ったものが充実しています。
インターネットからログインをして利用する会員サービスは非常に多く項目があり、消費者金融しか使ったことがない方であれば銀行の会員サービスには不満を覚えるほどだと言います。
例えば銀行の会員サービスがどのようになっているのかと比較するとそれがわかりやすくなるでしょう。
銀行は会員サービスの中で利用ができるのは多くの場合照会だけです。
ATMを利用して発行される利用明細書と変わりがありません。
それに加えて振込キャッシングができる銀行もありますが、メジャーではありません。
反対に消費者金融は、店舗に足を運ぶ必要がないほどです。
利用履歴の照会はもちろんのこと、登録情報の変更、振込キャッシング、インターネット返済、増額の手続き申請など非常に多くの項目があり実はこれは一般的なものです。
借り入れがしやすいことももちろんではありますが、返済もしやすい状況が作られています。
消費者金融ではサービスの利便性を比較するためにも大手から選ぶことが望ましいものです。