生活保護でもお金を借りる事はできる?

生活保護も一定のお金を受給していることから、金融機関などで借り入れができるのではないだろうか、と考えてしまいそうです。しかし、生活保護で支給されるお金はいわゆる収入とは違いますので、福祉事務所が認めたケース以外では一切借り入れはできないのです。生活保護の状態では収入は0ということになり、銀行や消費者金融などからお金を借りることはできません。
お金を借入した後には、もちろん返済しなければなりません。生活保護費からの返済は認められていませんので、受給中に借り入れをすると犯罪ということになってしまうのです。お金を借りた場合はその借り入れは収入であると認定されてしまい、同額の生活保護費を福祉事務所に返納しなければならないということになるのです。
お金を借りるような事態になった時には、まずは担当しているケースワーカーに相談しましょう。やむを得ない事態と判断されれば、社会福祉協議会などの生活保護受給者が対象となっている貸付制度を利用することができるかもしれません。
返済は保護費から分割で行い、いくらぐらいを返済額に充てるのかということはケースワーカーと相談して決定することになります。もちろん、何十万と借り入れできるわけではなく、どのような理由があっても数万円までの借り入れしかできません。
生活保護の状態では、借りても返せないと判断されることになるわけです。もしも生活保護の状態でも貸せますというような金融業者を見つけた場合は、絶対に申し込みをすることは止めておきましょう。

Comments are closed.