年収の3分の1、それがキャッシングの総量規制

改正貸金業法の中には総量規制も盛り込まれています。
個人の貸金業からの借り入れ総額が年収の3分の1に制限されるシステムになっています。
例外や除外はあるものの原則としてこのルールは変わることはありません。
貸付の中でも法人ではなく個人の貸し付けに対してであり事業資金を除いたフリーキャッシングとなっています。
例外や除外は多くあります。
自動車ローンや不動産担保、高額医療費の貸し付けやおまとめローン、個人事業者への貸し付けも対象外となります。
また配偶者貸付を利用するときにはそれも例外となっていますが現状消費者金融の中で配偶者貸付を行っているところはありません。
年収の3分の1は決して低い金額ではありません。
例えば年収が300万円だとすれば総量規制による上限は100万円になります。
年収は300万円ではあっても毎月の収入としてはどうでしょうか。
ボーナスがなかったとすれば25万円です。
十分な収入とも感じられますがその月収で100万円の借金があることは大きな負債としてのしかかることになるでしょう。
目安として消費者金融などの貸金業から借り入れができる上限が決められてはいるものの、その金額がそのまま返済可能な金額になるわけではありません。
総量規制対象外キャッシングは個人の借り過ぎや多重債務を防ぐことを目的としている制限です。
この範囲以上は消費者金融から借り入れができませんのでやはり借りる金額はしっかりと考えたうえで決めなくてはならないでしょう。

Comments are closed.