キャッシングの返済を怠ると遅延損害金を請求されるってホントなの?!

お金に困った時には非常に便利なキャッシング!今や生活の一部として、身近に存在しているキャッシング。ちょっとお金が足りなくなった時には大活躍しています。
申し込みは、無人契約機やインターネットから可能になり、審査に通れば、最寄りのATMからいつでもどこでも現金の引き出しができます。返済もATMを使ってできるので、店舗に出向く必要は全くありません。
借入から返済まで、全て対人式の手続きをすることなく、できてしまうのです。返済さえしっかり行えば、これほど便利なサービスはありません。
しかし、この返済を怠ると大変なことになります。消費者金融はスピードが命。貸し出すのもスピーディ-であれば、返済もスムーズに行われなければなりません。従って、延滞は1日でも延滞として、カウントされます。延滞が発覚すれば、まずは督促の電話が、本人の携帯宛てに掛かってきます。それでも応対がない場合には、自宅や会社に電話が行くでしょう。その際には消費者金融が自ら自社の名前を出すことはありません。しかし、個人的な電話が、自宅や会社に掛かってくるのは、明らかに怪しいので、不審電話になることは間違いありません。
最悪の場合には、延滞の利子のほかに、遅延損害金も上乗せされて、一括返済を請求されることになります。ですので、消費者金融から、キャッシングをした場合には、返済計画通りに速やかに返済しましょう。また、もし収入に余裕ができたら、少しでも臨時返済をしておくことをお勧めします。そうすれば、余分な利子は支払わずに済みますから。

Comments are closed.