キャッシングの会社とは?

日常生活のピンチを救ってくれるキャッシングは、多くの会社が取り扱っています。
キャッシングとは、個人向けの小口融資のことを指しますが、提供している会社は、様々な先が挙げられます。
大きく分けると「銀行系」「信販系」「消費者金融系」の3つになります。
「銀行系」とは、都市銀行や地方銀行などの銀行、もしくは銀行の関連会社が提供するキャッシングです。
金融再編に伴い、銀行の親会社である持株会社などが運営しているケースも多くあります。
代表的な先には、三井住友銀行グループの「モビット」や「アットローン」が挙げられます。
豊富な資本力と資金量を背景にした低金利と安定感が魅力です。
「信販系」とは、「オリックス」「セゾン」「JCB」などの信販会社が提供するキャッシングです。
通常は、ショッピング時に利用するクレジットカードにキャッシング機能を付加して、気軽に利用できるようにしています。
ポイントサービスなど、多くの魅力あるサービスが特徴的です。
「消費者金融系」とは、銀行などと異なり、預金の受け入れ業務は行わず、消費者向けの小口融資を専門に行っている会社です。
代表的な先には、「プロミス」「アコム」などがあります。
審査にかかる時間が短く、早ければその日に融資を受けることも可能です。
最近では、大手IT企業がキャッシング業務を取り扱うようになり、これを「IT系」といいます。
キャッシング会社も多種多様化が進んでおり、それに伴い、多くの商品が誕生しています。
その中から、自分に合った最適な先を選ぶことが大切です。

Comments are closed.