年収の3分の1、それがキャッシングの総量規制

改正貸金業法の中には総量規制も盛り込まれています。
個人の貸金業からの借り入れ総額が年収の3分の1に制限されるシステムになっています。
例外や除外はあるものの原則としてこのルールは変わることはありません。
貸付の中でも法人ではなく個人の貸し付けに対してであり事業資金を除いたフリーキャッシングとなっています。
例外や除外は多くあります。
自動車ローンや不動産担保、高額医療費の貸し付けやおまとめローン、個人事業者への貸し付けも対象外となります。
また配偶者貸付を利用するときにはそれも例外となっていますが現状消費者金融の中で配偶者貸付を行っているところはありません。
年収の3分の1は決して低い金額ではありません。
例えば年収が300万円だとすれば総量規制による上限は100万円になります。
年収は300万円ではあっても毎月の収入としてはどうでしょうか。
ボーナスがなかったとすれば25万円です。
十分な収入とも感じられますがその月収で100万円の借金があることは大きな負債としてのしかかることになるでしょう。
目安として消費者金融などの貸金業から借り入れができる上限が決められてはいるものの、その金額がそのまま返済可能な金額になるわけではありません。
総量規制対象外キャッシングは個人の借り過ぎや多重債務を防ぐことを目的としている制限です。
この範囲以上は消費者金融から借り入れができませんのでやはり借りる金額はしっかりと考えたうえで決めなくてはならないでしょう。

大手消費者金融はキャッシングサービスが充実している

いくつもある大手消費者金融のメリットになりますが、その一つにキャッシングサービスの充実があります。
消費者金融は金利がどこで借り入れても変わりがありません。
上限金利が適用されると考えて消費者金融は利用をすることが妥当です。
そうなると比べるべきは金利ではないとすればサービスです。
消費者金融も他社との差別化にサービスに変化を持たせています。
基本的なサービスとしては消費者金融ではインターネットを使ったものが充実しています。
インターネットからログインをして利用する会員サービスは非常に多く項目があり、消費者金融しか使ったことがない方であれば銀行の会員サービスには不満を覚えるほどだと言います。
例えば銀行の会員サービスがどのようになっているのかと比較するとそれがわかりやすくなるでしょう。
銀行は会員サービスの中で利用ができるのは多くの場合照会だけです。
ATMを利用して発行される利用明細書と変わりがありません。
それに加えて振込キャッシングができる銀行もありますが、メジャーではありません。
反対に消費者金融は、店舗に足を運ぶ必要がないほどです。
利用履歴の照会はもちろんのこと、登録情報の変更、振込キャッシング、インターネット返済、増額の手続き申請など非常に多くの項目があり実はこれは一般的なものです。
借り入れがしやすいことももちろんではありますが、返済もしやすい状況が作られています。
消費者金融ではサービスの利便性を比較するためにも大手から選ぶことが望ましいものです。

プロミスの気になる年利

ここでは、プロミスで適用される利息について見ていくことにしましょう。プロミスは低金利で借り入れが出来る、大人気のカードの会社です。その人気の秘密は、1ヶ月の間無利息で借り入れが出来る「無利息キャンペーン」が大きく影響しています。
プロミスで大口融資を受ける場合、最低6.3%という非常に低い金利が適用されるので、まとまったお金が必要な方も安心して利用出来るでしょう。また、大口融資だけでなく最初にご紹介した無利息キャンペーンを上手く活用すれば、金利の負担を最小限に抑えてカードローンを利用することが出来ます。
また、プロミスで最も利用されるフリーキャッシングと呼ばれる商品は、使い道自由に借り入れる事が出来ます。もちろん、旅行ローンのように目的がハッキリとしたものであれば、プロミスオリジナルのローン商品「目的ローン」が大変便利です。
プロミスでは、フリーキャッシングと自営業者向けのローン、そしておまとめローンにおいて、全て一律の金利が適用されています。ここでは6.3%から最大17.8%の実質年率で借り入れが可能です。
しかし、先ほどご紹介した目的ローンについては6.3%から最大16.5%の金利が適用されることとなります。このような低金利ローンも目的別に活用すれば、他社のローン商品よりもかなりお得に借り入れをすることが出来るでしょう。
これからカードローンを申し込もうと検討される方には、低金利のプロミスカードローンをオススメしたいと思います。

ローンカードの即日発行を希望するなら審査対応時間を確認しよう

ローンカードを即日発行できる消費者金融や銀行でも時間を問わないということはありません。
営業時間もありますし審査対応時間もあります。
気をつけていなければなりませんので申し込みをする前には必ず審査対応時間を確認しましょう。
確認してみると消費者金融では審査対応時間が20時となっていることが多くなっており、銀行も即日の可能性があれば18時までくらいなら対応時間となっていることが多くなっていました。
例えば20時までが審査対応時間とすれば20時までに申し込みをすればよいというものではありません。
20時までが審査結果連絡可能時間として考えておきましょう。
もちろんそのあとの契約手続きもありますので、営業時間の確認も忘れることはできません。
審査にかかる時間は一般的には長くても30分ほどとなっています。
これまでにキャッシングの経験がない方は審査には時間がかかりません。
しかしこれまでにキャッシングの経験がありそこに何らかのトラブルがあった場合など審査に時間がかかることがあります。
審査時間はどこのキャッシングでも「最短」として表記されていますがトラブルなどを確認するために審査に時間がかかることもあるということは覚えておきましょう。
審査対応時間に気をつけることができれば自動契約機などのその場でカード発行までが行われる契約方法なら即日の可能性がかなり高くなってきます。
公式ホームページには記載されているものですので確認をしましょう。